【15worriers】1からカードゲームを作ってみた!

何でもありなカードゲームを作っていきます。

最も悩ましいのが最初のターン

どうも最近ニコニコに折り紙でナルガクルガを作ってる人がいてちょっと感動したコーラルです。
折り紙は昔少しやってたんですがあれ折り方見て作るのはともかく考えるのは相当頭使いますよ。どんな脳みそしてるんでしょう?


さて今回は最初のターンでどこまでできるかを話そうと思います。



実際作ってみて初めてわかったことですが、これが対戦型カードゲームを作る上で一番重要で難しい所だと思います。
何の差もつけず先攻後攻だけ決めた場合確実に片方有利に傾いてしまうし、かといってその一方だけ制限をつけるとわかりにくくなってしまう。MTG等の召喚酔いも初心者の混乱を招きやすいし…
出来れば余計な制限は無い方がスッキリしてて良いかなと個人的には思います。

だいぶ悩みましたが、ゲームの流れはこのような形になりました。



まずは準備。先攻後攻をランダムな方法で決定します。これは普通にじゃんけんとかですね。

次にお互いのプレイヤーはデッキから好きなカードを5枚まで手札に加えます。
ここもゲームの個性付けの1つですね。好きなカードを用意出来る事で戦略を考える楽しさを作りたい+いわゆる手札事故を無くしたいという考えで用意しました。


ゲーム開始。先攻のターン→後攻のターン→先攻のターン…と続いていきます。


先攻のターン開始。1つずつフェイズを進めていきます。

アップフェイズ。バトルカードを全てアップ(縦向きの状態に)させる事が出来ますがこの時点ではバトルカードはいない為飛ばします。

ドローフェイズ。山札の上からカードを1枚ドローします。

バトルフェイズ。全てのバトルカードはアタックする事が出来ます。しかしこの時点でもまだいないのでスルー。

コールフェイズ。ここで初めて手札から好きな数だけバトルエリア(カードがアタックしたりガードしたり出来る場所)にコール(バトルエリアに置くこと)が出来ます。

エンドフェイズ。とりあえず用意しました。

続いて後攻のターン。同じようにやるだけです。以上。


これがこのゲームの最初のターンになります。この次のターンからはどちらもバトルカードが用意された状態になるので、バトルフェイズで相手カードへのアタックが出来るようになります。

カードを出せるタイミングをバトルの後にする事で、特殊なルールを作ること無く召喚酔いを再現出来ました。結局自由度は下がる結果になってしまいましたが…


しかしこの順序のお陰で、いくら攻撃力の高いカードを置いても、アタックが可能になる次のターンまで生き残れなければ意味が無いので、どうしても防御力を無視出来ないようになると思いこのルールで行く事に決めました。


最初に言いましたがこれで何ヵ月も悩みました。
最初のターンも決められない状態でブログ進めるのも良くないなと思いしばらく手を出さないようにしてました。

とりあえずこれで形にはなったので、こういう流れでゲームが進むということがわかっていただければ幸いです。
ここまで読んで頂きありがとうございます。また次回( ゚∀゚)ノシ