【15worriers】1からカードゲームを作ってみた!

何でもありなカードゲームを作っていきます。

アタッカーとガーディアン

どうもコーラルです。今回もより良いオリカゲーを目指して頑張ります。

 

 

ついに!!ついに友人の協力のお陰でテストゲームが出来る段階まで来ました!そこで改善点がいくつか見つかったので色々テコ入れしていこうと思います。

 

とんてもない先攻ゲーだった!

いやあ召喚酔いを初心者を混乱させない形で再現する事に必死になりすぎて先攻にただでさえ先に行動出来るのに先にアタックまで出来てしまう事に気づきませんでした。

これじゃゲームにならないので召喚酔いの件は無かった事になりました。バトルフェイズとコールフェイズの順番を入れ換えます。これで

先攻→先にコールが出来る

後攻→先にアタックが出来る

となり、バランスは良くなるはずです。

 

 

なんでこんな事になってしまったかと言うと、実は元々このゲームの初期構想では5枚までしかカードを置けないというルールがあったのです。

その前提があるからこそ成り立っていたカードをデッキに加えてしまっていた為、まあそいつが暴れまくってしまって。

一応今からでもそのルールを加えれば安定した、というか割と完成された駆け引きを楽しむ事が出来ます。出来るんですが少し問題があって…

私はこれを鉄拳化とか将棋化とでも呼ぼうかなと思ってるんですが、ひとつひとつの動作全てにメリットとデメリットが加わってしまう為、ルールをしっかり覚えて、かつ読みあいを楽しめるガチなゲーマー気質の人ならいくらでも楽しめるんですが、初心者が「この動き強い!楽しい!」ってのを発見する喜びに至るまでの時間がかかりすぎてしまい、結果的に疲れの方が先に来てしまうので、一定以上の需要を望めないなと思い、この5枚ルールは消す事にしました。

 

 

 そして今回重要なのが、この消えた5枚ルールで活躍の場が無くなってしまったカードがあったのです。それは…

 

防御特化型の活躍する機会が無い!

いかに防御特化していようと、アタックするカードを選ぶ権利は攻撃側にあるのです。5枚ルールの適用中は意図的に防御カードのみで固める手があったのてすが、そのルールが無い今ではただの置物でしかなかったのです!

 

そこで今回追加する要素が、タイトルにあるアタッカーガーディアンなのですが、これは簡単に言うと、防御特化型が防御しまくれるようにする為のルールです。どちらもバトルカードの中の種類のひとつとして扱います。

 

まずアタッカーですが、これは今までのバトルカードそのままです。好きなカードにアタック出来るのが特徴です。

 

 次にガーディアン。これは今までのバトルカードとは違い好きなカードにアタックする事が出来ません。アタックは出来ますが、そのアタックする相手を選ぶ権利は相手にあります。

その代わりに、ガーディアンは相手のアタックする対象を自分に強制的に変更する権利が与えられます。

つまり身代わりになる事が出来るという訳ですね。残しておきたい強力なカードがあるならガーディアン向けのカードを積極的に採用してみてもいいでしょう。

 

じゃあこのアタッカーとガーディアンはどうやって決めるのという話になりますが、暫定処置として、

前列にコールしたらアタッカー

後列にコールしたらガーディアン

という扱いにします。1度決めたら変更は出来ません。

 

これが今回の追加要素です。これでバランスが良くなってたらいいなあ…ではまた次回!長々とおつきあいありがとうございます!(*´-`)ノシ