読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【15worriers】1からカードゲームを作ってみた!

何でもありなカードゲームを作っていきます。

基準が無いとカードの効果は作れない

謎のブログへようこそ!ここでは私コーラルが公式じゃ出来ないような何でもありなカードゲームをコツコツ寂しく作っています!誰かアドバイスをくれ!

 

このゲームではカードが持つ効果を「アーツ」と言います。やっぱりこういう効果を考えるのがオリカの醍醐味なんですよね~シミジミ

 

しかし適当に考えてたら大きな壁にぶち当たりました。それが

「ゲーム中」「ターン中」「バトル中」の能力変化系アーツの査定の違いです。

 

 このゲーム中に何回発動出来るものなのか、コストは毎回払えるものなのかまたそうでないのかで、効果の強さが全くの別物になります。

これに一月以上悩んだという話をしても面白くないので結果だけ言います。

 

 

 

アーツはゲーム中に1回しか発動出来ないようになりました。

といってもずっと「発動出来るか否か」を管理する訳にもいかないので、一度発動したら、その発動した領域から離れるまでは、アーツは発動出来ない状態になります。

なぜ「ゲーム中」が基準になったかというと、何回発動出来るかのおおよその査定を新たに設けなければならない「ターン中」や「バトル中」に比べて遥かに計算しやすく作りやすいからです。

 

 

作りやすくする為に要素を削るのは、1つは自分が楽する為なんですけど、もう1つあるんです。

最終的にこのゲームは、誰もが作って遊べるカードゲームになるようにと考えているからです。

1人で勝手にゲーム作って、勝手に公開しても、面白かったか面白くなかったかで終わってしまいます。自分でやるにはハードルが高すぎるんです。同じような事をするなら自分も1から作るわっていう話ですね。

 

「面白かった」「面白くなかった」から「自分ならこういうゲームにする」とか「こういうカードあったら強そう」とか、感想だけで終わらせない、誰もが手を伸ばせるゲームにしていきたいですね。その為にも土台はわかりやすく、かつしっかりしたものでなきゃ、と思って作ってる訳です。

 

という訳で今回は効果作りの土台が出来たよという話でした。次はカードの枚数に関する基準の話をしようと思います。ばいばい(´・ω・)ノシ